【AviUtl】初心者でもわりと簡単!カッコいいサムネの作り方

AviUtl

どうも、レボログです。

 

今回はAviUtlでのカッコよくて目立つサムネの作り方について、ステップバイステップで解説してみようと思います。

 

お、そりゃまたなんでなんで??

 

レボログ
レボログ

それはアナタ、サムネ作りで困ってる方を救うために決まってるじゃないですか!

 

…。

 

レボログ
レボログ

…ハイ、ウソです。

本当は、しばらく動画つくってないと手順をマルっと忘れちゃうので、自分用に手順書を作っときたかったっていう…。

 

 

でもでも。

今回紹介するようなサムネイルを作ってみたい!という方にとっては、

少しは役立つことも書いてあるかな?と思うので、よかったら参考にしてみてくださいませ。

 

 

それでは、前置きはこれくらいにして、さっそく。

 

スポンサーリンク

ステップ1.使いたい画像素材を用意する

 

 

まずは、必要な画像素材を集めてくるところから。

クロマキー合成したい場合は、「〇〇(素材名) greenscreen」などの複合キーワードで検索すれば大抵のものはヒットするはず。

 

また、透過素材が欲しければ、「〇〇(素材名)transparent(透明)」で検索してみましょう。

 

レボログ
レボログ

ただし、ロイヤリティー関係にはくれぐれもご注意を。

 

 

友人A君
友人A君

フリー素材でもいいものはたくさんあるから、それを使うのも手だね。

 

ステップ2.集めた素材を下処理&編集する

 

ステップ1で、良さげな素材を集めたら、

次にそれぞれの素材をお好みの形状に加工していきます。

 

といっても、結構カンタン。

 

今回私がやったコトといえば、

ペイントを使って、コービーのイラストを好みのサイズに切り取ってバリ取りしたくらい(笑)。

 

 

レボログ
レボログ

バリ取り=消しゴムツールを使って素材周りを滑らかに補正することです。

 

 

いや、バリ取りって本来は、金属加工の職人さんとかが、表面を削って滑らかにすることだろ?確か。

 

 

 

ステップ3.AviUtlを使って素材を合成する

 

さて、ここからがいよいよ本番。

動画編集ソフト【AviUti】を起動して、さっそく素材を合成しサムネを作っていきましょう。

 

レボログ
レボログ

AviUtilは無料なのに、動画編集はもちろん、ブログ用のサムネ作りにも使えてスゲー便利なソフトなのでおススメですよ!

 

 

ステップ3ー1.とりあえずテキトー置いてみる

 

まずは、あつめて下処理した素材を

タイムライン上にテキトーに置いてみます。

 

今回は、氷っぽいイメージの壁紙に、ペイントソフトで切り抜いたコービーのイラストを合わせるところからスタート。

 

 

これでも悪くないですが、

今回は壁紙の方にちょっとグローを入れて、コービーの方を目立たせてみましょうかね。

オ〇マっぽい人
オ〇マっぽい人
 お、コービー君が引き立ってだいぶイイ感じになったやないの。

 

ステップ3ー2.いろいろやって完成!

 

それから、

・他に用意した画像を「マスク→円」で丸く切り抜く
・その丸画像の周りを縁取り(白)する
・縁取った周りに炎の素材(黒バック)を「加算」で置いて目立たせる
・コービーの画像の境界をちょっとだけぼかす
・壁紙に施したグローの「しきい値」を微調整する

 

てなことをやって完成したのがこちらのサムネ。

 

 

 

レボログ
レボログ

あ、ちなみにこの記事のサムネに入ってる文字の方にも、ちょっとだけグローを入れてます。

 

 

おいおい、さすがに肝心なところのセツメイ端折りすぎじゃね?

 

レボログ
レボログ

いいのいいの。

元々自分向けの取説のつもりで作ったし、わかる人には分かるように最低限のことは書いてあるから。

 

ホントかよ…。

 

もともと、

こんな感じにプレイの様子を丸く切り取って、でかいプレイヤー画像をドンと入れる構図は、

欧米系の2kユーチューバーの動画でよく見かけていたもの。

 

前々から、

レボログ
レボログ

ちょっと作ってみたいな。

と思っていたところだったし、aftereffects のような本格的な動画加工ソフトを使わなくても、工夫すればそれなりのものができることがわかって、個人的にはめでたしめでたし。

 

 

レボログ
レボログ

多分、今後の動画づくりにも取り入れていくことになると思うので、そちらの方もどうぞお楽しみに。

 

 

というわけで、今回はこのへんで。

それでは、また。