あなたは失敗談を笑って人に話せますか?

ストレスケア

みなさん、最近、ムカつくこととかありました?

 

私は最近、自転車がパンクして、自転車屋で修理して5分後にまたガラス踏んでパンクするということがありましてね。

大分溜まっているのですよ…ま、嘘ですけどね、最近じゃなくて5年くらい前の話でした(笑

 

 

そんな話はともかく、ブログのタイトルにはなんか偉そうに書いてますが、

今回の内容は、このブログではわりと定番の動画請け売りシリーズ(?)第…何段かは忘れましたが、とにかくそういうやつです。

 

ということで、先ほどまで見ていた(聞いていた)ありがた~い動画がコチラ。

 

ひろゆきさんの発言ってなんとなく昔は肌が合わなかったんですけど、最近はyoutubeパトロール中によくアンテナに引っかかることを発言されていて…

味覚と一緒で、思考の趣向(早口言葉みたいだ)も歳と共に変わっていくのでしょうかね。

 

スポンサーリンク

ドジ男を笑ってくれる友達の存在

 

ブログタイトルが何となくでも気になった方は、ぜひ動画の方を一度チェックしていただけると話は早いんですが、

 

めんどくせー!とここまですっ飛ばしてきた方のためにザックリ内容を説明すると、

 

ムカつく出来事や、失敗して恥ずかしい思いをしても、それを笑い話として聞いてくれる友人がいればそれで盛り上がれる、つまりプラスの価値に転換できるというお話でした。

 

動画の中では、バナナの皮ですっころんだという例えで話が展開されてましたけど、

 

具体的には

「いや~この前、バナナの皮で思いっきりすっころんじゃってさ~」

「マジ!? 今どきバナナの皮でコケるとかそんな漫画みたいなヤツ本当にいんのな(笑」

 

という形で、その場が盛り上がれば、トホホな出来事も”オイシイ”ネタに変わるという発想法の話です。

 

確かに、この発想をもって、お笑い芸人さんの話とか聞いていると、

さんまさんやダウンタウンの松本さんなんかも、自分の失敗談を見事に笑いに転換されてますよね。

 

 

あの、僕、そんな友達とかいないんですけど?

 

あ、別に友達とか、いなくても大丈夫なんです。

要するに、失敗とかしくじったことを、どうやったらプラスの価値に転換できるか、という話しなので。まさにしくじり先生方式ですね(終わっちゃったけど)。

 

テレビに出演するなんて大仕事をやってのけずとも、

例えば、ブログのネタにするとか、ツイッターでつぶやくとか、youtubeやニコ生で配信するとか、今の時代アイディア次第で価値に転換する方法は無数に浮かんできます。

 

 

手段よりもマインドの切り替えがポイントかも

 

これは半分自分に言い聞かせるように書くのですが、

 

失敗したことや、自分の短所(だと思っている部分)ってなかなか人に晒したくはない…とか思いがちなんですよね。

 

できれば、いい部分だけ見せたい、みたいな。

まあ、安いプライドというか見栄みたいなもんなんでしょうけど、それが邪魔をして、笑い飛ばせばいいものを、なかなか自分で笑えなかったりする。

 

そういう妙に頑固な部分をやわらかくしていくこと。

長所も短所も含めて自分を客観視しつつ、使えるもんは全部ネタとして使っていく貪欲な姿勢。

 

そういう、自我に固執しない”冷めた感覚”みたいなものを持てたら、もっと自分のダメな部分も、笑って気楽にネタにできるようになるのかもしれない。

 

ま、5年くらい前のことなら、さすがに笑って話せるんですけどね(笑

 

とかなんとか思ったのでした。

というわけで、今回はおしまい。

 

それでは、また。