春だから、リプトンの『桜ティー』を買ってみました。

どうも、タカハシです。

最近、いろんなフレーバーティーにハマっているのですが、

今回は、春らしくということで、紅茶で有名なリプトンから期間限定で発売中の『桜ティー』を買ってみました。

期間限定…なんて魅力的な言葉でしょう…。

それはともかく、

まず、届いてびっくり!

デ、デカイ!

こんなデカいお茶のパック見たことがない。

500ミリペットボトルがまるで子供のようだ(笑

そりゃそうか、なんたって100個入り(!)だもんな。

そもそも、桜の香りってどんなんだっけ?

これまで、モモの香り、オレンジの香り、リンゴやパクチー…あ、さすがにパクチーティーは無かったか(あったら、それはそれでワイにとってはナイトメアやな…)。

とまあ、いろんな香りのお茶を飲み比べてみたわけですが、今のところの一番のお気に入りは、ピーチティーですかね。

ただ、このピーチティー、

アマゾンをはじめ、通販サイト各社を探してみてもなかなか売ってないのですよ。

というわけで、何か似たようなのねえかなあ…。と探していたところ白羽の矢が立ったのが、やや変化球といえば変化球だけど、未知なるお味『桜ティー』だったというわけでして。

ここでちょっと質問。

みなさん、桜の香りってイメージできますか?

ちょっと恥ずかしい話、私の答えは”ノー”でした。

桜って、毎年見てるけど、匂いは…あれ?イメージが湧いてこないぞ(;´・ω・)

せっかく桜の香りのするお茶が飲みたくて買ったのに、肝心の桜がどんな香りだったかわからないという…考えてみればなんともお粗末な話。

なので、果たして、このお茶が桜の香りをちゃんと再現できてるのか、

それを確認する素地が、私にはもともと備わって無かったのです。だから、せいぜい桜餅とか、そんなんを思い浮かべるしかない。

…桜餅、美味しいですよね。

広告

実際にお茶を入れてみると

いれた感じは、まあ、可もなく不可もなく普通の紅茶って感じ。

そして、気になる香りは…

桜…というより、ちょっと梅のような香り…というか梅ガムだな(笑)

もちろん、これはこれでとってもいい香りだし、桜の雰囲気は、十分感じることができます。

梅と桜って見た目だけでなく香りも似てるのかな?

あ、こうやって比べてみると、モモの方が桜と似てたり。新発見。

ちなみに、パッケージ裏を見ると…

このお茶、原産国はインドネシア・スリランカらしい。

スリランカは確か紅茶で有名だったはずだけど…桜は…ゴメンナサイ、ちょっとイメージできないや。てか、”他”ってどこだよ(笑

ただし、基本は1回使い切り

まあ、これは当然と言えば当然なんだけど。

しかし、種類によっては、香りが長く残り、2度3度とお湯を継ぎ足して楽しめるお茶もあるのと比べると、コスパはそんなに。

ちなみに、私の好きなピーチティーなどは長く楽しめるティーバックの典型。

ただね、100個入りですから(笑

圧倒的な物量で、そんな憂いは吹き飛ばしてしまうでしょう。

もともと、春らしいお茶が飲みたくて注文したわけだし、できれば5月とか、そのくらいには消化したいなあ…6月に桜ティー…まあ、それもありといえばアリなのか?

知り合いたちには軒並み好評だった

さすがに一人じゃ、消化できないので、日ごろお世話になっている方々に勝手に配って回ったのですが、試飲してみた方々の感想は軒並み「いい香りだったよ~」でした。まあ、それしか褒めようがないというのもあるだろうけど(笑

とはいえ、紅茶はやはり香りが命ですからね、今の季節、ホッと一息つきたいときには良いですよ、これ。

追記:

ピーチティーに関してですが、近所の薬局にこっそりおいてました(笑)まさに灯台もと暗しとはこのことですね。

アマゾンにもありました。ただ、ちょっと高いかな。

ということで本日の教訓(笑。

探し物は、身近なところから始めましょ。

それでは、また。