窓の外で鳴く猫と鯖缶と私

エッセイのようななにか

鯖缶を持って外に飛び出したのは、この人生で何度目のことだろう。

 

だけど、さっきまで私の部屋にかすかに届いていた鳴き声は、

外に出たとたん、聞こえなくなってしまった。

警戒しているのだろうか?

 

あの猫には、ちゃんと飼い主がいて、ちょっと外に遊びに出ただけだったらいい。

でも、もしあの猫が野良猫で、しかもまだ年端もいかない子猫だったとしたら…。

 

自分ではわけもわからず、ただただ寒い場所に放り出されて、凍えそうになりながら、空腹に耐えながら、最後の力を振り絞って鳴いているのだとしたら…。

 

そう思うと、温かい部屋の中で、いろんな言い訳を並べては、その鳴き声に応えようとしない自分が、ものすごく卑怯な人間のように思えてくる。

 

「野良猫は、減らさなければならないから、それが回りまわって、ネコたちのためだから。」

「ずっと、餌を与え続けるわけには…ましてや、その猫を飼うわけにはいかないでしょ?

だったら、ぬか喜びさせるのは偽善でしかないんじゃない?」

 

もう一人の自分は、そんな言葉を、いつも私にそっと投げかける。

諭すように、したり顔で。

 

だけど、子猫は、子猫だ。

きっと自分が野良猫だなんて思っていない。

 

ただ、寒くて、お腹が空いているのだ。

そして、もし、今夜一晩だけでも空腹を満たせるのなら、少しだけでも幸福な、満ち足りた気持ちになって、安らかな眠りにつけるんじゃないのか。

 

スポンサードリンク

国産×人も食べられるキャットフードが話題…ねこはぐ

 

 

確か、聞いた話では、野良猫の平均寿命は3年くらいだそう。

 

たった3年…。

もし、鳴いていたあの猫が野良猫なのだとしたら、

その猫にとって、一日はとてもかけがえのないものなんじゃないのか。

 

一日でも生き永らえることができたら、それは何か意味のあることなんじゃないのか。

 

そして、その命をわずかでも支えることができるのにしないのだとしたら、

目の前の小さな命にさえ、手を差し伸べることができないのだとしたら、

私が生きてきたこれまでの時間は、学んできたことは、すべてガラクタみたいに価値のないものなんじゃないか。

 

そんな思いが、頭の中を巡り巡ると、もはや、居ても立ってもいられず、外へと飛び出すしかなくなるのである。

 

幸い、今夜はそれほど寒くない。息も白くならない。

でも、それは防寒着を着込んだ私の肌感覚でしかない。

 

何も着ていない、しかも、それが痩せた子猫だったら、どう感じるのだろう。

きっと、寒いに違いない。私なんかより、ずっとずっと、寒いに違いない。

 

 

たとえば、人生という名の、私に与えられた時間の中で、一つでも、わずかでも命を救うことができたら、いや、せめて救おうと、”ちゃんと”動くことができたら、

 

一つの命として、最低限やることはやったと、どこかでそう思える気がする。

もちろん、それは死ぬときになってみなければわからないけれど、

 

ただ、もし、小さな鳴き声に対して、言い訳を並べて無視するようなマネをしたら、

たとえ、そのあと、

どれほどの善行を積もうと、それはずっと、心のどこかに引っかかったままになる気がする。

 

きっと、後悔って、そんな些細な出来事に対するものだったりするのだろう。

 

だから、もう後悔したくないから、

ネコの鳴き声を耳にするたび、私は鯖缶を持って部屋を飛び出す。