【NBA2k19】コートコンカーでまさかの2周目突入!?しかし、結果はまさかの…

NBA2k19

どうも、レボログです。

 

前回、コートコンカー(court conqueror)の歩き方というタイトルで攻略記事を掲載しましたが、

 

今回は、その続編というか、後日談。

 

G三
G三

いや、同じ日の出来事なんだから、後日談はおかしいじゃろ。

とにかく、1周目の後、まさかの2週目に突入することになったのですよ。

 

その辺のことを、ちょっとしゃべりました。

 

YouTube

 

スポンサーリンク

バスケといえば、ブザービータでしょ?w

 

ブザービーター。

それは、バスケットボールというスポーツをドラマチックに彩るのに欠かせないスパイス。

 

ボールが試合時間内に手から離れれば、

試合終了のブザーが鳴った後でもそのシュートはカウントされる。

 

レボログ
レボログ

MJのとか、マジで劇的だったなあ…。

 

 

そういう感覚が染みついているもんだから、

 

今回のコートコンカーってイベントにも、

そんなドラマ性を無意識のうちに期待していたのかもしれない。

 

ってか、それが”粋(いき)”ってもんでしょ?

 

一瞬、枠(わく)かと思った。

 

ただし、蓋(フタ)をあけてみると・・・

 

残り5分切ったところで、5チームを倒し、

残すはジョーダン率いるブルズのBIG3

 

 

もう、出木杉君もびっくりなくらいおぜん立ては万全なわけですよ。

 

そして、手に汗握る攻防の末、

なんとか最後はその日何度もチームを救ったマック砲がさく裂して、見事勝利となったわけです。

 

 

レボログ
レボログ

うっしゃ~い!これでまた1個いい動画のネタができた~い。

 

 

その喜び方…なんか間違ってんゾ、ぜったい。

 

もし、ブザービーター方式が採用されてれば(この時点では、1ミリも疑っていない)、当然クリアでしょ?って思うわけです。

 

そして、実際に、オールクリアの表示(アニメーション)も現れましたし。

 

 

レボログ
レボログ

しかし!

ところがどっこい。

 

 

ペニーさんから、衝撃の一言が告げられます。

 

「あの…クリアできてません…。」

 

 

レボログ
レボログ

…へ?

 

マックさん「・・・(聞き専中)」

 

 

どうやら、2kさん。

 

バスケットボールゲームにもかかわらず、

このイベントにブザービータ―システムを採用していなかったみたいなのです。

つまり、制限時間内に、全チーム撃破しないと、クリアとはみなさないと。

 

レボログ
レボログ

ガッテム!

 

まあね、時間で区切って、クリアの判定を楽にしたいってのはわかりますけど…

もし、私がクリア判定のバイトだったら、定時でさっさと帰りたいし。

 

でも、

じゃあ”クリアできない時間残し”で試合開始させんな!

ってクレームは・・・誰に言えばいいのかな・・・?

 

まあ、ワンチャン3分で勝利までいけんじゃね?的な判断とか?

G三
G三

にしても、(笑)の大事さに気づく2行じゃのう。

とりま、次回コンカーに参加予定の方へ。

制限時間内にクリアまでいかないとダメみたいなので、くれぐれもご注意くださいね。

 

あ、今、(笑)に頼らない文章の書き方を勉強中です(笑)。

レボログ
レボログ

(笑)を使わず、クスリと笑わせるって…トンチか!

 

それでは、また。