【NBA2k18】経験値稼ぎにベストなトレーニングはこれだ!

どうも、タカハシです。

今回は、『インスタントホットゾーングリッチ(成功例)』以来ひさびさのNBA2k18についての記事をお届け。

テーマは、今さらながら

マイプレイヤーの経験値を効率よく稼ぐならコレ!

ということで、おススメのトレーニングを1つだけ紹介したいと思います。

え?

間に変な記事がもう1個くらいあっただろって?

あれは…なんというか、ただのグチというか、所謂、黒歴史というか。

まあ、支障が無ければ、とりあえずスルーしていただけると(笑

結論:ピック&ロール2ON2やっとけ

ということで今回は以上…とはさすがにいきませんね(笑

今回紹介するのは、スクリーンを使った2対2のドリル

説明の前に、まずはこちらのGIFをご覧ください。

どうでしょうか。

だいたいイメージはつかめましたか?

分かりにくい!という声が聞こえてきそうで怖いので(汗

何をやってるのか箇条書きすると、

1.味方のスクリーンがセットされるまでじっと待つ。

2.ジャブステップを入れてからドライブ(ゴール下に切れ込む)

3.そのままコンタクトダンク(もしくはレイアップ)

ということをこのトレーニングでは行っています。

パッと見ショボそうですが、

スラッシャーなどコンタクトダンクが可能なキャラクターであれば、トレーニング1回あたり4000~5000の経験値を稼ぎ出すことができます。

5回中4回成功で報酬はこんな感じ。

パーフェクトなら5000オーバーも狙えます。

これを3回で15000。ナマステドリンク(?)を飲んでからの4回目も含めれば20000。

10分足らずで2万は、結構デカいですね。

コンタクトダンクが使えなくても

「え、あの、自分シャープなんすけど・・・今回はカヤの外っすか?」

いやいや。

確かにコンタクトダンク関連のポイントが入らないので、レイアップでフィニッシュした場合、もらえる経験値がそのぶん少なくなるのは事実。

ただ、やってみればお分かりいただけると思いますが、

それでも1回あたり2000~3000程度は見込めるので、決して悪くはないと思う。

いや大分良い方だと思う(笑

シャープでもオーバー3000はフツーに狙えます。

わりと、すぐ終わる。

そう。

それが、このトレーニングの良いところ。

10回連続で1対1しなきゃならないドリルとかに比べると、

回数は半分だし、チームメイトはスクリーンかけてくれるしで、かなり効率がいいのです。

というわけで、知ってる方も知らない方も、ぜひ一度お試しあれ。

それでは、また。