森美智代さんの影響で青汁を始めた&美味しい青汁の話

不食

不食界の有名人ベスト3と言えば、言わずと知れた

秋山佳胤(よしたね)さん、山田鷹夫さん、そして森美智代さんのお三人。

 

 

秋山さんは不食弁護士として、

山田さんは、不食という言葉の生みの親でもあり、無人島で自ら130日間不食実験を試みるなど、実践思想家という唯一無二の生き方をされている。

 

 

そして、森美智代さん。

若いころから重い病を患っていた方で、それを食べないことで克服し、

今は毎日青汁一杯だけで元気に生活されているという。

 

 

スポンサーリンク

青汁一杯…だと!?

 

ちょっと前に、オーランチオキトリウムというが発見されて話題になった。

 

オーランチキチキ?

某バラエティー番組で、コラムニストの勝谷さんが紹介して話題になったヤツ。

昆布やワカメに近い藻の一種だそうで、30分で石油を精製する藻として注目されている。

30分で石油をつくる!? ポリカルチャー藻類の可能性 | 一般財団法人 Next Wisdom Foundation ネクストウィズダムファウンデーション
NWF / ネクストウィズダムファウンデーションは、これからの社会をより良いものにするヒントとなるであろう古今東西の叡智を探求し、社会にうまく活用できる土台を作っていくべく活動するために設立された一般財団法人です。

 

石油資源が乏しい日本の近海に大量に生息されているとされ、うまく活用すれば、石油に代わるエネルギーを生成することも夢ではないとか。

 

 

青汁ってなんとなく、藻っぽくない?

 

というのは、完全な私の直感だが、

青汁には、もしかしたら私たちが知らない未知の栄養素やエネルギーが豊富に含まれているんじゃないだろうか。

 

実際に、論より証拠。

事実、森さんは青汁一杯で痩せるどころかむしろ”ふくよか”な健康体を維持してるじゃないか。

 

というわけで、

さっそく私も青汁を飲み始めてみたのである(だいぶ強引だな)。

 

最初に試してみたのがこれ

 

 

毎度のことながらアマゾンのカスタマーレビューの評価が高かったのと値段が安かったのと、

 

「抹茶っぽくて飲みやすいよ。」

というコメントを見て、

 

まあ、大丈夫だろ。という軽い気持ちでポチってみることに。

 

味は…イマイチ

 

 

ただ、正直、これは私の口には合いませんでした。

多分、これが本来の青汁の風味に近い味なのかもしれないけど、

どうも口に含んだ瞬間の青臭さが好きになれない…てかムリ。

 

とはいかず…残念。

 

 

シナモンを入れてみたり、ショウガを加えてみたりもしたけれど、

やっぱり美味しくはならず。

 

まだ大量に残ってるの、どうしよ。

 

2品目で美味しい青汁と出会う。

 

 

というわけで、次に注文してみたのが同じヤクルト製のこちらの青汁。

 

一つ目のことがあるので、ちょっと警戒しながら口にしてみると…

「おお、飲んだらわかる、美味いやつやん」

 

こちらは、1つ目とは違って、独特の青臭さがない。

感じるのは、ほのかな甘みと、ベリーとバナナが混ざったようなミックスフルーツジュースっぽい風味。

 

これはいい。飲みやすい。

 

1つ目と比べれば、値段はちょっと高めだけれど、

近所のスーパーでは普通に定価の1000円で売ってましたからね(笑

 

そこからすると300円引き、しかも、定期購入なら400円引きというのは、すごくお得感がある。

 

まだまだ、効果のほどは分からないけれど、

何か変化を感じられたら、また、あらためてご報告する予定です。

 

それでは、また。