節約するより稼ぐ!に考え方をシフトすべき3つの理由(変態が最強です)

ブログ

世間には「お金持ちになる方法」というテーマの本や動画があふれています。

 

そういったテーマの動画をこれまでに延べ1000本以上見てきた僕が思うに

それらは大きく2つのタイプに分類されるわけで、それはズバリ。

 

・できるだけ無駄づかいをせずに節約してお金を貯めましょう。
・初期投資や勉強にはお金を惜しまずに稼ぐ力やノウハウを身につけましょう。

 

大体がこの2パターンのどちらか。
つまりは節約派自己投資派
実は、長い間、僕は節約派の人間でした。
というのも、過去に講演会である有名な企業の社長がこんな話をしていたのを聞いて、それが脳裏に焼き付いてしまっていたから。
「お金持ちになるってのは、とにかくケチになることなんだ。多くの人はコップに少し水が溜まってしまうとすぐに飲んでしまう。だからいつまでたっても溜まらない。でも、お金持ちは違う。彼らはコップに水がまたるのをじっと待つ。そしてコップが水で満たされて垂れてきた1雫(しずく)をようやく口にするんだ。」
この、今考えるとよくわからないたとえ話に、当時、エラく感動してしまって、それ以来、
レボログ
レボログ

今、自分のコップには水はどれくらいたまってるんだ…いやまだまだ飲んでいいタイミングじゃない…我慢だ我慢。

という風に洗脳されてきた気がします。
もちろん、その社長さんはそのやり方で財産を築いたのだから、節約を極めることも間違いではないのでしょう。
でもでも、最近ちょっと考え方が変わってきて…いや、意識の奥の方では
レボログ
レボログ

なんか違うな…この考え方って時代に合ってない気がする。

 

という違和感を感じていたのだと思います。
それが、この度、マナブさんの動画きっかけで確信に変わりました。

スポンサーリンク

一般人にとって節約はコスパが悪い

 

たとえば給料手取り20万円の人が、1月に1万円貯金できたとして、それで年間12万円です。

 

これって正直モチベが上がる金額じゃないですよね。

 

 

 

それならば、その1万円を使って投資本を買ってFXに関するスキルと知識を勉強するなり、

あるいはプログラミングスクールに通ってプログラムスキルを学ぶ方が断然いいと思います。

 

なぜなら、月1万円の貯金は1年後も1万円のままだけれど、1万円の投資は結構な確率で月3万円くらいにはなる可能性があるからです。

 

しかも、

それがその後、月5万円くらいの収入源に育つのも十分現実的で、

となると5×12で60万ですよ。

投資効率を考えたらどちらがいいかは明らかでしょう。

 

レボログ
レボログ

以上、ほぼマナブさんからのうけうりでした。

インターネットの時代に節約マインドは損だと思う

 

今は、インターネットによって個人が稼ぐ方法というのは無数に発見することができるし、しかもタダで学ぶこともできます。

 

レボログ
レボログ

やり方は、全部タダでネットに落ちている…あとはやるかやらないかだ、ですね。

 

本を買って読んだら、その本の内容をレビューしてお小遣いを稼ぐこともできるし、そこで磨いたライティングスキルを活かしてさらにウェブライターとしてフリーランスで仕事を受注することだってできます。

 

つまり、投資に回した分のコストを回収する手段というのは、

アイディア次第で無限に考え出すことができるし具現化することができるというまさに夢の時代なのです。

 

そんな時代に、1万円を通帳に眠らせておくなんていかにもナンセンスでしょうよ、と数カ月前までの自分のマインドセット…の入った頭をガツンと殴りつけてやりたい気分(笑)

 

ただ、挑戦するのに遅すぎるということはありません。

ケンタッキーの生みの親カーネルサンダースおじさんも事業を始めたのは60過ぎだったというし、どのみち僕らは今日が人生で一番若い日なのですから、今からやるのです。

 

我らが田臥勇太さんもこんな素敵な本を書いてくれてます。

 

ユウタつながりでついでにワタナビさんの本もご紹介

ついで言うな。

自己投資は何より楽しい!ワクワクする!

 

たとえば、ホリエモンこと堀江貴文さんは、

ガンガン使ってその分稼ぐ!という考え方だそうですね。いかにも堀江さんらしい。

 

でも、それってなんだか楽しそうじゃないですか?

レボログ
レボログ

ワクワクしません?

 

読みたい!と思った本は我慢せずに買う!

そして読んだら、その本をネタにブログ書いたり書評を書いたりして本の値段の何倍ものお金を回収する!

 

これって、地味だけれど、本好きにとっては結構1つの夢だったりします。

 

ほかにも、

本に限らず、買った家電のレビューとか。

プレイしたゲームの感想とかプレイしながらのゲーム実況とか。

 

自己投資といっても、別にやりたくないことを嫌々やる必要はないと思うのですよね。

 

そうではなくて、

自分が興味があって、でもお金がかかるからやめとこうという躊躇(ちゅうちょ)をなくすということができたらすごく快適だし自由な世界が広がっていきそう…な予感がします。

 

レボログ
レボログ

僕自身、まだまだ躊躇だらけで…ただし憧れだけは人一倍。

 

結局最強なのは、マニアックな偏愛

 

インターネットの時代はド変態が強いです。間違いない。

 

たとえば、ホリエモンの本を読んで知ったんですが、みなさん。

この日本という平和な国には、コンビニアイス評論家という職業が存在するのをご存じでしょうか。

 

アイスマン福留という方なんですが、いかにもマツコさんの番組に出演してそうなキャラですよね。

 

これからどんどん、こういうニッチでリッチな変態が大量発生してくると思われます。

 

いわゆる好きなことを仕事にするという話なんですが、このテーマで気になるツイートを引用させていただくと、

 

今の時代、どの分野にも専門家がいて、みんなクレイジーなくらいその専門分野が大好き、愛してます。だから嫌々やってる時点で勝てないし、やるだけ無駄でもある。

 

そして、自分の「変態的に好き!」を見つけるとっかかりを作るのが

読みたい本であり、食べてみたいアイスだと思うのです。それを今のお財布事情だけで我慢するのは未来の自分に失礼!というもの。

 

レボログ
レボログ

ってことで節約なんかしてる場合じゃない、今からコンビニアイスを買いに行かなければ!

 

お腹壊すなよ。

というわけで、今回はこのへんで。

 

それでは、また。

 

 

P.Sホリエモンの本を読んだとツイートしたらホリエモン万博様からコメントをいただきました、何事も呟いてみるもんですね。

 

 

というわけで、ホリエモン万博の方もみなさんどうぞよろしくです。