【映画の感想】『あん』吉井徳江さんの生き方がただただ尊く美しい

映画レビュー

深夜に無性にどら焼きが食べたくなった。

 

厚手のジャンパーを着こんでコンビニに買いに走り、

お茶を入れて一息つきながら何気なく見始めた映画が今回の主役『あん』

 

レビューの異様な高評価と、

樹木希林さんが主演となればハズレはないだろうくらいに思って見始めたが、とんでもなかった。

 

最初は、永瀬正敏さん演じるどら焼き屋の店長が、樹木さんの秘伝のあんで繁盛する話かと思って、

「どら焼き食いながら見るのにピッタリな映画だな」

 

なんて思ってた自分が今となってはだいぶ恥ずかしい。

created by Rinker
¥400(2020/08/08 06:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

今現在、映画を観終えて10分少々、茫然自失というか言葉にならない。

例のシーンで長瀬さんとともにひとしきり男泣きもしてしまったから、涙も出ない。

 

あとは、空虚な体からポツポツと浮かんでくる言葉を頼みに何か感想文めいたものを書かねばという理解不能な使命感だけでこんなものを書いているのだ。

 

ただ。

 

こんなとんでもない映画に出会っといて、

「言葉にならないくらいに感動した」

で済ませたら、それはブロガー失格だし、それ以前に生きていること、主体的に何かを考えることや感じることを放棄していることに他ならない気がして、

 

もし、仮にここで記す言葉の全てが作者や映画監督の意図と180度真逆だとしても、自分の感じたことの自分の言葉で記す必要があるだろ、と思った。

 

もちろん、誘惑はある。

すでに模範解答としてのカスタマーレビューという助け船はあるのだから、それを参考にいいとこどりしてそれらしい回答とか感想を述べればいいじゃないか。

 

でもそれは、他の誰かの感想で、仮に

「そうそう、俺もそう思ったんだ、」と納得したところで

それは誰かの言葉に浸食された誰かの感想に洗脳されただけなのだと思う。

 

「間違ってもいい。だから自分の言葉で好きなように書くのよ。」

 

でもって、きっと樹木さん演じる吉井徳江さんならそう言ってくれるはず。

なんて都合のいい免罪符も懐に忍ばせつつ始めます。

 

 

スポンサーリンク

らい病への差別意識と向き合ってきた一人の女性の生き方

 

らい病への差別の歴史をここで語るつもりはないけれど、想像するに、いや想像を絶するくらいに苛烈というか理不尽で不条理なものだったのだろう。

 

・身ごもった子供を産むことを許されない
・お墓を作ることも許されない
・強制収容された隔離施設から出られない
樹木希林さん演じる吉井徳江さんは、
10代の頃にらい病と診断され、それ以来、半世紀以上の時間を隔離された塀の中で暮らしてきた。
・足がもげる
・鼻が落ちる
病気による異様な見た目から、理不尽な差別のもととなったらい予防法が廃止されたのが1996年、残酷な差別はつい最近まで残っていたということを映画を通して初めて知った。
もし、私がそんな不条理な差別を受けながら生きてきたとしたら…
きっと世をはかなんだり、周囲の健常者たちを逆恨みしたり、それはもうヒドイありさまだと思う。
徳江さんの歳まで生きていられたかもわからない。
ただ、フィクションとはいえ、樹木さん演じる吉井徳江さんの生き方たるや…
もちろん、いろんな悲しみや絶望やあきらめを経験してきてのことだろうけど、
それでも人生の最晩年にあんなに穏やかにやさしく思いやりにあふれ、人生に訪れるささやかな1幕1幕を心から慈しみかみしめるように感謝しながら生きている。
長瀬さん演じる店長が、ちょうど自分の息子くらいの歳であって、かつての自分が塀の中から出られないと知った時と同じ悲しい目をしているという事情もあったにせよ、昨日今日出会った相手にあれほど優しい眼差しを向けることができるだろうか…私には自信がない。

つまらない人生なんて二度というまい

常人の感覚といっていいのかどうかわからないけど、
普通の暮らしを送ってきた人からしたら、どら焼き屋でバイトをする…ということは人生の一大事ではないだろうし、無味乾燥な人生の1断片に過ぎないかもしれない。
なのに、吉井徳江さんは、
自分を雇い入れてくれて、働かせてくれた自分の息子ほど年の離れた店長にしきりに感謝の言葉を述べる。
「ありがとう、楽しかった。嬉しかった。」
そう繰り返す彼女の顔を見るたびに、自分の生き方を問われている気がしてならなくなる。
生きるとは、ささやかな瞬間や出会いに感謝することで、どれも当たり前でなどありえない。
たまに、華やかな人生を送っているように見える誰かの偶像がまぶしくて
自分の人生なんて…
と捨て鉢になる瞬間があるけれど、うるせーってんだと自分を殴りたくなった。
籠の中のカナリヤのような生き方を強いられて、それでもそこから見える景色に喜びや希望を見出しながら生きてきた人がいたというのに…
必ずしも籠から出してあげることがカナリアにとっていいことかはさておき、
もし、幸運にも籠から出ることができたなら、あとは全部てめーしだいなんだから、甘えてねえで、てめーでなんとか自分の人生咲かせてみやがれってことなんだなーと打ちひしがれつつ、決意するものがありましたとさ。
背筋が伸びる伸びる。

徳江さんの『あん』づくりには生き方のヒントがつまっていた

 

別に自己啓発的なことなんてこれっぽっちも書きたくないのだけれど、

この映画に出会ったことを少しでも自分の実生活に役立てたいという気持ちもゼロにはできそうにないから、3か月後か3年後か、これを見返すことになった時のために書いておく。

 

未来の自分よ、人生に行き詰まったら、徳江さんのあん作りを観ろ。

 

「あずきの過ごしてきた時間に思いをはせて、その声に耳を澄ませるのよ。」

そんなこと思いもしなかっただろ?

 

確かに、小豆が日照りの日も、雨の日も寒い日も、畑で過ごしてきた時間。

自由に動くこともできず黙ってじっと耐えてきた時間。

 

そんな視点を持とうと意識した瞬間から、

なんだかこう、この世界にあふれる命たちの存在がグワーッと自分の中に押し寄せてくる気がした。

 

 

行き詰まってるように思えたってきっと行き詰まってなんかいないんだよ。

耳を澄ませていないだけ。自分のことしかみえてないだけで、

その気になれば、世界はみずみずしい命であふれていることに気づけるはずなんだ。

 

命はきっと、道を見つける。

 

素朴でいい演技をする女優さんだな→まさかまさかの樹木さんのお孫さんだったw

 

この映画の中で中学生役として存在感を放ってた女優さん。
まさかね、樹木希林さんのお孫さんだったとは…内田伽羅(きゃら)さんだそうですよ。
内田って苗字を聞いた時にはまさかとおもったけど。
実のおばあちゃん、とはいえ、樹木さんも生前は多忙だっただろうし芸能一家だからそんなにベタベタ付き合いがあったかは分からないけど…それでも実のおばあちゃんとお孫さんだから出せた空気感だったのかなーと思うと重たいテーマの映画だけにちょっとほっこり。

人生に行きづまりを感じている人にこそおススメの映画

 

言い方は失礼かもしれないけれど、

徳江さんほどシンドイ人生を歩んできた人って現代では本当にまれだと思う。

 

だから、自分の人生しんどいなーと思っている人は、50年間いわれのない差別を受けてきた半生を想像してみてほしい。

 

きっと、自分、全然だな。

徳江さんに顔向けできねえな、みたいに思う部分があるんじゃないだろうか。

 

 

もちろん、この映画はハンセン病(らい病)患者さんたちの苦しさを世間の人に広く知ってもらう目的で作られたものかもしれないけど…それにとどまらず、

 

特別なことなんて1つもなくても、ただ家族や友人と一緒に暮らせることが、

そして月や木々や桜の花やどらやきに囲まれて生きることが、

 

自分の手足で自由に世界を闊歩できることがどれほど素晴らしいことかを再認識させてくれるものだと思うのです。

 

樹木希林さん最後の主演作。ぜひ。

 

 

 

それでは、また。