【NBA2k17】バッジチュートリアル ブリックウォール編

どうも。タカハシです。

今回は、バッジチュートリアル『ブリックウォール』編をお送りいたします。

ブリックウォール

レンガの壁とはまさに言い得て妙ですね(笑
スクリーン職人をまるで″ぬりかべ″のように強力な妖怪へと変身させるのがこのバッジです…というのは嘘でして、

本当のところは、スクリーンの威力が上がりぶつかった相手ディフェンスなんかが結構コケまくるかもよ?というようなバッジだそうです。
取得方法は、至ってシンプル。

ズバリ

1シーズンに100回スクリーンを成功させること

以上(笑

まあ、その辺で股間に手を当てて怪しげにつっ立っているだけでも意外とすぐ条件を満たしちゃったりするので、スクリーナー志望の方もそうでない方も、一度はゲットしておきましょう。

といったところで、今回も短めになっちゃいましたが、この辺で失礼いたします。お読みいただきありがとうございました。

それでは、また。



コメント

  1. op より:

    OJ発動時にジャスティス操作、Pres得点でバッジ取得必要数にカウントされるものもあるらしいですが、P&Roller、Popperはカウントされるんですかね?
    当方PGなのでボールがすぐ返ってきてスクリーンかけるのが難しいんですよね…

  2. タカハシ より:

    >opさん
    いつもコメントありがとうございます。
    ピック&ロールや、ポップといった自ら得点を取る系のバッジは、最終的に自分で得点を取ればカウントされていくと思いますよ。あとはジャスティス君の気分次第…ですかね(笑