サーモスタンブラーを1ヵ月くらい使い倒してみた感想

商品レビュー

一月ほど前、父の日に、父へサーモスのタンブラーを贈った。

父の日なのだから贈る相手が父なのは当然として、2つセットになった方の片方を、現在私がありがたく使わさせてもらっている(いいのか?)。

 

デザインについて

タンブラーの表面には銀色の光沢加工が施され、”THEROS” のロゴもシンプルで厭味のないデザインに仕上がっている。

これは飽きることなく長く愛用できそうな予感がプンプンである。
また、飲み口が薄く加工されているのも好印象だ。

 

作り手側が飲みやすさへの配慮を怠っていないことが伝わってくる。
この点は大変気に入っている。

卑近な例で比較させていただくと、私が以前使っていたプラスチック製のタンブラーは、飲み口部分が5ミリほどもあって分厚く、飲み物を飲む際に、まるでタンブラーを噛んでいるように感じてしまいストレスがハンパなかった。

抜群の保温性は想像以上

「朝見たら、夕べ入れた氷がまだ残っていた。」

この体験談を読んで私は商品の購入を決めるに至った。
サーモスの良さを語るのに多くの言葉を費やす必要はない。

さすがに、一晩は大げさかもしれないが、それでも余裕で3時間くらいは持つ。

冷たい飲み物が飲み頃のままず~っと机の上にある快感。
この幸福感は、ぜひ多くの方に味わっていただきたいと思う。

 

持ち手が冷たくならない(熱くもならない)

以前買った錫(すず)製のコップは、保冷効果はあるものの、冷たい飲み物を入れるとコップ自体キンキンに冷えてしまい長時間手に持っていることが困難だった。

一方で、サーモスのタンブラーはというと、冷たい飲み物はしっかり冷たさをキープしつつ、タンブラー自体は何事もなかったかのように元のままの状態をキープ。あまりに常温なので、飲んで中身を確認するまでそれが熱いのか冷たいのかわからないほどだ。

 

表面に水滴がつかない

 

さらに驚きは、冷たい飲み物を入れても、タンブラーの表面に水滴が全くつかないところ。

今までは冷たい飲み物をコップに入れておくと、結露でテーブルが濡れてしまうのが当たり前だったので、これはかなりポイントがタカシ君。

いくつか気になったこと

ただし、フタが無いのはちょっとマイナス。

これを読んでくださっている方は、私のような不注意なマネはあまりなさらないだろうが、現在まで、夜中に枕元に置いたタンブラーを倒して中身をぶちまけてショーオネと誤解されそうになったことが2回ほどあった。

この時ばかりは、大容量であることが悪い方にはたらく。
普通のコップよりも大分高さがあり、また飲み口が底の面よりも広い形状をしているため、ちょっとぶつかっただけで割とすぐに倒れてしまうのだ。

商品レビューの中に、プ○ングルスの蓋がピッタリハマる!とあったので試してみたが、ピッタリどころか小さすぎてタンブラーの中にすっぽり挟まってしまった。

もしかして…プ○ングルスの容器って昔よりだいぶスリムになってる?

また、別のレビューには、ハー○ンダーツのカップの蓋がピッタリ!との情報もあり、こちらも試してみたもののやはり小さかった。

もしかしたら、私の買ったタンブラーはレビューが書かれていたものよりも一回り大きいサイズのものだったのかもしれない。これから購入される際は、最初によくサイズを確認していただければと思う。

ただ、そのようなこと(蓋とか、ふたとか、フタとか)は些末なことに思えるほど、この商品のクオリティーは素晴らしい。今のところ、特に大きな不満もなく、デザイン、保冷性ともに大満足である。

総評

いろいろと書いてきたが、
これからの暑い時期、大活躍してくれる商品であることは間違いない。

ちなみに、余談だが氷をパンパンにいれたタンブラーにオランジーナを注いで飲むのが今の私のお気に入り(笑

まだ試していないが、寒い季節には、あったかい飲み物もそのままに保ってくれるということなので、そちらも合わせて期待しているところだ。

これだけの商品が1個1500円ほどで手に入るのだから、月並みだが、全くいい時代になったものである。

自信をもってお勧めできる逸品。
気になった方は、ぜひ一度チェックしてみていただきたい。

それでは、また。